【旅猫リポート】猫を手放さないといけない飼い主と猫の話

「旅猫リポート」という映画をみています。猫や犬を飼っている人にはぜひみてほしいです。

猫や犬を題材にした映画で好きなのは他にも「猫なんかよんでもこない」「ひまわりと子犬の7日間」とかいろいろあります。どちらも動物好きにはたまらない、ほんといい話です。

今回の「旅猫リポート」は福士蒼汰さん(さとる)が主演。大事な猫(なな)をとある事情で手放さないといけなくなり、ほかの飼い主さんを探す話です。でも猫は、「俺は一生さとるの猫だ!」といって、疑いもしないし、離れようとしないのです。

猫飼ってる人はこういうのうれしいですよね笑 大事な猫を他の人に託さないといけない、でも猫は離れようとしない。飼い主としては嬉しくもあり、またつらくもあります。

今の僕はまだこういう状況ではありませんが、いつかこういう日がくるかもしれません。もしもこなくても、今こういう飼い主の人生や気持ちを知れてよかったなと思います。

あー、考えただけで悲しいですね、この場面。自分の猫、心配だし、幸せに生きてほしいです。

この後、映画の最後の場面をみます。僕も頑張って生きようと思います。

ちょうど、僕は今飼い猫の1匹がいなくなってしまって、なんとか保護して家に戻してあげたくて、毎日探しています。そんななかだったので、よけいにじーんとしました。

猫や犬を題材にした映画、いろいろあるのでまた触れていこうと思います。


◆ メルマガ発行しています。

メルマガ登録

◆ プロフィール

プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です