【起業】株式会社ではなく個人事業で十分という話

僕は起業するとき、個人事業でもできましたが、株式会社しか考えていませんでした。

でも今僕は個人事業で十分という意見です。今日はそのことについて解説をします。

勝手に商売してお金を稼いで、国から怒られない?

一番最初に思ったのは、勝手に商売ってはじめたりお金を稼いだりして大丈夫なのかな?っていうことです。でもこれは大丈夫です。

飲食店や化粧品など、前もって届出が必要な職種もありますが、たとえばネットでものを売ってみたり、勉強を教えてお金をもらうみたいな商売の仕方であれば、届出なくはじめても大丈夫です。

ほんとに大丈夫かは調べてはないですが、おそらく大丈夫です。

あとで年末のときに税金の確定申告がありますがそのときに申告をしましょう。ただ、それも金額が小さいうちは大した問題にはならないと思います。

それを推奨するわけではないですが、恐れて何もしないよりは、どんどん挑戦してもらいたいと思います。

個人事業か?株式会社か?

起業するときには、個人事業と株式会社にする方法があります。僕は勉強していて、最初は個人事業で十分で、売り上げが1000万円を超えるあたりから株式会社にした方がいいという知識を前もってもっていました。

それを知った上で僕が起業したときは株式会社しか考えていませんでした。理由は、世界一の起業をつくるとかものすごい会社にする意気込みがあったので、その練習のためにという思いがありました。そしてもうひとつ、株式会社にすることで信用が高まるとも思いました。事実、大学のWEBサイトなど株式会社にしていたからこそとれた仕事もありました。

でも今になって素直にいうと、株式会社にしたのはただのかっこつけです。人からすごいと言われたかったのです。

そして、株式会社だからこそとれた仕事はたしかにあったのですが、今はそんな仕事はとらなくてもいいと思っています。

今の僕の考えとしては、最初は個人事業で十分ということです。

株式会社の設立と運営にかかる費用

株式会社にすると、設立のときに約30万ほどかかります。それはいいのですが、そのあと売り上げがない場合に毎年8万円ほど登録費(更新費)がかかります。これを市(60000円)と県(20000円)に納めます。始める前は売り上げがないとまずいのかなと思いましたが、調べた結果、別に売り上げはなくても大丈夫です。売り上げがあると、その分の税金がかかります。

またそれだけでなく、会社の決算を税理士にたのむと11万ほどかかっていて、税金とあわせると僕の場合年間20万円ほどかかっていました。最初のうちはそれもいいと思っていたのですが、だんだんそれがきいてくるのです。

個人事業で十分です

僕はかっこつけだったなと素直に認めて、会社をたたみました。

今、僕は個人事業で十分と思っています。

まずはどんな形でもいいので売り上げをだしていくことです。

すでに売り上げがあるとか、会計の経験をつみたいとか、そういう別の目的がある場合はこの限りではありません。


◆ メルマガでは、ブログでは出していない情報を発信しています。登録はこちら。

メルマガ登録

◆ プロフィール

プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です