【動物】猫がいない。逃げたときの対処法。

はじめに

猫がいなくなってから、1週間ほどがたちます。

まずはじめに、猫がいなくなったときの探し方、動画で話したのでリンクはっておきます。

【動物】猫が逃げたらどうするか1
【動物】猫が逃げたらどうするか2 (猫砂と毛布)

猫がいなくなったら最初の動きが勝負です。僕の場合は「もっとこうしておけばよかった」という反省が多いです。なので今、猫を飼っている方、同じように探している方に参考になればと思います。

後悔しています

ほんと失敗しました。完全に僕の油断からです。姿すらみえないんですよね。いなくなってから。

なんとか無事に生きてくれているといいんですけど。

もう1週間くらいたつので、なかなかきびしいかなと思うんですけど、でもいろいろ調べていると可能性はあるみたいなので、帰ってくるのを待ち続けたいと思います。

猫がいなくなったときの対処法

猫がいなくならないようにするために、また万一いなくなってしまったときのことを箇条書きで書いておきます。

猫がいなくならないようにするために

・絶対に外に出さないようにすればよかったです。逃げないだろうと油断していると、ほんと急に逃げたりするので。外に出してあげたくなるが、ぐっとこらえる。もしも出すならカゴにいれたり、リードをつけたりする。
・GPSで位置がわかる機械が売っているので、それを首輪につける。

まんいち逃げてしまったとき

・逃げた瞬間からすぐにさがす。できれば仕事や学校を休ませてもらってすぐにさがす。必ず近くにいるので。
・猫もパニックになって帰り道がわからなくなるので、猫砂や毛布などを外に出して、匂いをたどって帰れるようにする。
・外ではおびえて動けなくなっているので、普段とはちがうつもりでさがす。えさをおいたり名前を呼べば帰ってくるだろうと思っても、おびえて動けなくなっている。
・簡単にでもいいので貼り紙をつくって、近所の人に助けをかりる。もしも情報があれば連絡をもらえるようにする。
・捕獲器をなるべく早く設置する。保健所でもかりれるし、できれば普段からひとつ用意しておくとよい。
iimono117 捕獲器 (M-L-LL) / アニマルトラップ
僕の場合はこれのLサイズを購入しました。
・懐中電灯を買う。これも普段からあるとよい。昼と夜とどちらもさがす。明るめのやつを買うといいと思います。
・保健所などに連絡をする。

また追記していきたいと思います。

おわりに

猫がいなくなって、油断した後悔や、もどってくるか不安な気持ちで読んでいる方もいらっしゃると思います。でもきっとまだできることはあると思います。僕も今、同じような状況ですが、あきらめずに帰りを信じて探し続けようと思います。あなたもがんばってください!



◆ メルマガでは、ブログでは出していない情報を発信しています。登録はこちら。

メルマガ登録

◆ プロフィール

プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です