【ブログ】スティーブ・ジョブス伝説のプレゼン。iPhoneの発表をみました。

スティーブ・ジョブス伝説のプレゼン!iPhone発表をみました。

中島聡さんの「結局人生はアウトプットで決まる」で紹介されていたのがきっかけです。

「プレゼン資料に文字をいれない、大事なことはあなたの口でしゃべる、印象的な出だし」などを意識してみました。

映像をみるにしたがって、どんどんジョブスの世界にひきこまれていきました。これから発表しようとしている作品、新しく生み出そうとしている世界。

もう10年も前の発表です。

僕は10年前、友達にすすめられてはじめてiPhone3GSを手にしたときのこと、パソコンに強くなりたいと思って必死に練習していたときのこと、今までとちがう新しい携帯でインターネットや音楽、映像を利用できる体験、いろんなことにわくわくしながらiPhoneの画面をさわっていたときのことを思い出しました。

東日本大震災では、スマホの画面から悲惨な津波の映像をみて、何もできない無力感を感じました。沖縄のマックでユーストリームやYouTubeで映像をみました。堀江さんがツイッターで異常なほど関連ニュースをリツイートし、情報を共有しようとしているのをみて、「この人すげぇ」と思いました。

いろんなことがおもいだされました。

一瞬にして世界をかえ、時代をつくった商品だったんだなと思います。

だんだん値段も高くなって、お金をだすのをためらうときもありますが、やはりスマホには命をかけようと思います。

とりあえず発売されたばかりのiPhoneSEをかってきて、秋にはiPhone12を買って、スマホだけで仕事や生活ができる状態をつくっていきたいと改めて思いました。

ジョブスのプレゼンをみていて思うのは、ほんとに伝えたいことを伝えるのにわくわくしているということです。

「どうだ!こんないかしたものをつくったぜ。クールだろ!」

自分がほんとにわくわくすることを自信たっぷりに伝えることが大事なんだなと思わされます。プレゼンってやっぱこうだよなと。

文字はほとんどできてきません。文字なんかいらないですよね。文字があったら文字を読みますから。大事なのは自分が自分の口で伝えるべきですね。だからその人の話をききたくなるし、その人との一体感もうまれるわけですから。文字を読むだけなら、プレゼンは必要ありません。スライドだけおくれば十分です。

プレゼンをする、人前で話すって、こういうことだなと学べる最高のお手本だと思います。

まだみたことない人は多いと思います。日本語訳もついてます。

ぜひみてみてくださいね!

  • iPhone Presentation macworld  1/5  日本語字幕  スティーブ・ジョブズ

  • ◆ メルマガでは、ブログでは出していない情報を発信しています。登録はこちら。

    メルマガ登録

    ◆ プロフィール

    プロフィール

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です