起業するときに何から始めるといいか

はじめに

起業したり副業したりすることが大事な時代です。ただ何から始めればいいのかわからなくなります。

僕自身、今まで失敗もたくさんしてきたし、今も自信をもって語れるような成果をあげることができていません。

ただそのなかで、経験してきたことや考えてきたことがあるので僕なりにお伝えしたいと思います。

結論をいうと、自己アフィリや不用品販売で短期の収入をえながら、ブログやYouTubeで長期的な収入を目指してください。他にもやりたいことがあるかもしれませんが、まずはブログやYouTubeがいいと思います。

短期戦略と長期戦略

インターネットでお金を稼ぐ上で、月々の小さなお金を稼ぎたい人もいれば、大きなお金を長期的に稼ぎたい人もいると思います。

僕は長期的に安定して稼ぎたいし、大きなお金を稼ぎたいです。

ただこれをしようとすると、時間がかかります。毎日勉強や作業ばかりしていてお金が稼げない状態になります。最初のうちはいいのですが、だんだん自信を失ったり、やる気をなくしたりしてしまいます。なので、長期的な夢や目標はもってそちらはつくりながら、一方で今すぐに小さいお金でもいいので手にしていきましょう。

自分でビジネスを始めた人は「1円の大切さ」を知っています。

金額は小さくてもいいので、自分のやったことでお金を手にしていってください。

短期戦略の具体的な方法

具体的にはいろいろ手法はあるのですが不用品販売と自己アフィリがいいと思います。

メルカリで家にある不用品を出品してみてください。僕はこれまで本やゲーム、DVD、ちょっとした家電など販売してお金を得てきました。

自己アフィリはハピタスというサイトでポイントをもらってお金にかえることができます。たとえば携帯を契約したり、クレジットカードをつくったり、野菜をかったり、アプリをインストールしたりするとポイントがもらえます。とくにクレジットカードを契約すると1万円ぐらいもらえたりします。僕もこれまで5万円ぐらいのポイントをもらってきました。10万円ぐらいであればすぐに稼げると思います。

こういうのはやれば誰でもできますし、お金もかからないし、そしてそれが自信になったりもします。

長期戦略(情報発信)

長い目でみると、やはりブログやYouTubeからはじめるのが一番いいと思います。

とくにYouTubeですね。

これらをはじめるにはお金がかかりません。それなのにあたるとすごくでかいので夢があります。

最初は苦労しますが、コツコツやっていると書いた記事やつくった動画がどんどんたまっていきます。

最初は下手でまったくかまわないので、それを続けていると書いたり話したりもだんだんうまくなっていきます。

起業したりビジネスをはじめるときに、お金をかけずにできるというのはほんとにすごいことです。

小学生や中学生でもできます。

スマホ一台あればできますので、ぜひなんでもいいのでYouTubeに動画をひとつあげてみてください。

実名でなくてもかまいませんし、顔もださなくて大丈夫です。

長期戦略(事業構築)

それ以外でいうと、自分の事業をつくっていくことも考えられます。

自分ができること、得意なことであったり、好きなこと、やりたいことをもとにお店をつくっていくイメージです。

僕の場合でいうと学習塾をつくりました。パン屋さんとか、飲食店とかいろいろ考えられると思います。

ただ僕からのアドバイスとしては、最初にお店を出すのはかなり慎重にやってください。

僕はオフィスや建物代をかけたくなかったので、家庭教師の形からはじめています。

お客さんがいればお金になりますし、たとえお客さんがいなくても全く焦らずに淡々と進めることができます。

なるべく最初のお金や維持費がかからない方法を模索してください。

僕のこれまで

プログラミング

僕はまずは勉強を教える仕事からはじめました。しかしながらITの大切さを感じて、ひたすらプログラミングやデザインを勉強してサービスをつくったり仕事を受けようとしていました。ただこれは覚えるのにすごく時間がかかったり、がんばって勉強しているのにいざ仕事を受けるとすごく苦労したりしていました。

ブログ・YouTube

プログラミングでなかなか結果が出せなかったときに、ブログやYouTubeの手法にきりかえました。僕は絶対に最初はこちらをおすすめします。簡単にできて成果があがりやすいからです。主婦や大学生でもできたりします。

学習塾

本命の仕事ではないのですが、意外とうまくいっています。ブログ・YouTubeで学んだことがこちらに生きています。

起業するときの注意点(意識するポイント)

起業をする上で注意してほしいのは、絶対に大きな初期投資や固定費をかけないようにすることです。

うまくいけばいいのですが、失敗したときに再起不能になったり、仕事を続けるうえで大きなプレッシャーになります。

堀江貴文さんが、「起業の4原則」という概念をだして、うまくいきやすい商売の特徴を教えてくれました。

「1.元手のかからない商売、2.在庫をもたない商売、3.利益率の高い商売、4.継続収入がみこめる商売」

ぜひこれを意識してみてください。

最初は小さくはじめて、それを少しずつふくらませていくといいと思います。

あとは今の仕事を続けたり新しい仕事をみつけながらやるといいです。

最低限の生活費を確保したり、少しずつでも貯金を増やしながらやれるといいなと思います。

おわりに

今回、起業の仕方について、話をしました。

これから事業をはじめる人に参考になるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です