孫悟空が成長できた理由。ビジネス初心者にいきる話

はじめに

こんにちは、片山です。

突然ですが、みなさん、好きなマンガはありますか?

僕は最近だとキングダムや進撃の巨人、アルキメデスの大戦などいろいろありますが、

「1番好きなマンガは?」ときかれれば、やはりドラゴンボールです。

最近、ドラゴンボールを最初から最後までみなおしているのですが、そこで大きな発見をしました。

それは、「なぜ悟空は成長できたのか?」という話です。

今日はそのことについて話したいと思います。

仕事にいかせる話なので、ぜひ最後まで楽しみに読んでもらえたらと思います。

なぜ悟空は成長できたのか?

さて、あなたはどうして悟空が成長できたと思うでしょうか?

先にいっておくと、別に大した結論ではありません。

あなたもきっと今までに一度は今の僕と同じことを思ったはずです。

当たり前のことだけど、これが今の僕を含めたビジネスの初心者にとても役立つと思ったので、

このように書いてみたいと思ったのです。

悟空が成長できたシンプルな理由

さて悟空はなぜ成長できたのでしょうか?

もちろん、理由をあげればいろいろあると思います。

好奇心があったから。仲間がいたから。純粋に強くなりたかったから。強い敵に会うとわくわくしたから。サイヤ人だったから。マンガだから。

そうです。どれも正解ですよね。

でも今回僕が注目したのは、もっと別の理由です。

それは何かというと、シンプルに「階段をのぼったから」です。

つまり、最初に強い敵が現れなかった。

最初はレッドリボン軍をたおし、天津飯を倒し、ピッコロを倒しというふうに階段をのぼっていった。

いきなりフリーザやセルは現れなかったわけです。

あなたもきっと一度は同じことを考えたことがありますよね。

ラディッツと戦っているときにいきなりフリーザがあらわれたり、セルがあらわれたりしたら、もうおしまいです。

フリーザの前にセルが現れてもおしまいです。

もう何もできなかったでしょう。

だけど、ちゃんと目の前に適度なハードルが現れて、それをひとつひとつのりこえていくことで悟空は強くなったのです。

僕が起業に失敗した理由。これからの課題について

僕は起業をして、いきなり大きなハードルを目指しすぎてしまいました。

そして努力はするけど、何も結果を出せないという事態に陥っていました。

年収1000億にしたいとか、AIのロボットをつくりたいとか。

プログラミングから情報発信にきりかえたときには、

年収2億にしたいと思ったし、収入も自動化したいという目標をもちました。

でもそれらのハードルは高すぎて、努力はするけど、結果も出せませんし疲弊していきました。自信も失ってしまうし、実績もたまりません。時間だけが過ぎます。

そういう実力と離れた目標をたててしまうと、やることにも無理がかかります。

長期的な目標として高い目標をたてるのはいいのですが、それとは別に短期的な目標を確実に達成していくことが仕事では必要です。

最近では僕は「教材を売る」という目標をもっていました。でももしかしたらこれも今の僕にとっては自分が思う以上にハードルが高いのかもしれません。

なぜかというと信頼されていないと、そして仕組みがしっかりできていないと物は売れないと思うからです。

だから努力ひとつで必ず超えられる課題を設定して、必ず達成していくようにしたいと思っています。

たとえば、「最低限のメディアの構造をつくる」という課題であれば、今の自分にもできると思うので、今取り組んでいます。

「教材を売る」ではなく、「教材をつくる」であれば自分の努力ひとつで達成できます。

本を10冊読んで、書評記事を10個つくるという課題も達成できそうです。

このように、自分が努力すれば必ず達成できる課題を設定して、確実にこなしていくことでレベルアップしていきたいと思っています。

しかしながら、メディアの設計というか、全体構造だけは常に意識をしておこうと思います。

超えられない壁に出会ったら

そして、もうひとつ。

「悟空には常に超えられる壁だけがあったのか?」ということです。

桃白白に負けたり、ピッコロに負けたりしました。ベジータのハードルは高かったし、フリーザに関してはもう絶望でしたよね。

自分に超えられない壁がでてきたときに、修行をしてのりきれるのか、ご飯が大猿になったり、スーパーサイヤ人になったりするような奇跡もときには必要かもしれません。

そういうときがきたら、またそれはそれで、そのときに考えたいと思います笑

今、それを前もって考えると、仲間であったり、先生に習うことであったり、自分でも予想できない奇跡であったりするのかもしれません。

しかしながら、今の僕はもっと最初の段階の、まず小さな結果を出していく段階なので、今回書いたように目の前の階段をひとつひとつ昇ることを意識したいと思います。

おわりに

今回、ドラゴンボールをみて、今の僕にとって役立つことがあったので、ブログでシェアをしました。

僕には遠い目標を掲げて、目の前のことがこなせないというわるい癖があります。

段階にもよると思いますが、同じようなことで苦しんでいる人であったり、これから自分で仕事をはじめようとする人に、少しでも役立つとうれしく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です